猫

手作りキャットフードのレシピって?

沢山の方がペットのために手作りのキャットフードを作っているということを耳にします。
愛猫の体調管理と中に何が入っているかわからないキャットフードをあげるなら、
ペットのゴハンを愛情いっぱいに手作りしたいという方が増えてきたこともあるのでしょう。

これは、ペットが人間の生活空間に入ってきているというだけでなく、愛玩動物として世の中で地位を確立しているからだともいえます。

手作りキャットフードのレシピは本屋さんで買えるほか、
栄養学を学んだ方たちがインターネット上で手作りレシピを公開しています。
このようなレシピを活用すれば、自分にあまり栄養学の知識がなくても簡単に手作りキャットフードを作ることが可能です。

ただし、使う食材はなるべく塩分を控えているもの(無塩のもの)を使うのがよいでしょう。
人間と同じ塩分を与えると、動物の体は人間の体よりも小さいため、有害です。

猫は人間よりも肝臓が弱い動物ですので、あまり味の濃いものを与えてしまうとそれが毒になり、
解毒できないということもあります。

更には猫はもともと肉食動物のため、肉類をふんだんに使ってあげるのがよいと考えられています。
魚類も肉類と同じ分類になるため、与えるのもよいでしょう。

手づくり食なので、人間が食べているものと同じレベルのお肉を与えてあげることが出来ますから、
新鮮で健康に良いフードを与えることが出来るのが手作り食の利点です。

初めてキャットフードを手作りするときhttp://www.wildales.com/01.htmlには必ずレシピを見るようにし、
一日に必要になる最低限の栄養を摂取できるように考えてあげてください。

フードプロセッサーなど、野菜やお肉を細かく刻むのに便利なものなどもたくさんあると思いますので
気軽に作ってみてはいかがでしょうか。

ただし、野菜の中には絶対にあげてはいけない野菜がありますので、そのような野菜は使わないようにすることも非常に大切です。
ある程度の知識はきちんと身に着けてから手作り食を作るようにしましょう。

手作り食を毎回作るのは大変なので、細かく1回分づつに小分けして冷凍しておくという方法もあります。
冷凍してあるとはいってもやはり保存料などは使っていないので、なるべく早く使いきれる量を作るように心がけましょう。
ドッグフードも手作りできるので、犬を飼っている方にはおすすめです。
こちらではドッグフードに含まれている3大栄養素について解説しているので、作る時の参考にしてください。