猫

キャットフードはどんな種類のものが良い?

昔はキャットフードというものが主流ではなく、猫まんまと呼ばれているご飯が主流でした。
現在の日本ではキャットフードと呼ばれる市販のものが主流になっています。

キャットフードには大まかに分けて4種類あります。
どのキャットフードのタイプも一長一短です。
一つずつ種類についてみていきたいと思います。

●ドライフード
ドライフードの固形の中の水分が10%以下のフードです。加熱発砲処理がされている固形状のものが多いです。
水分含有量を12%以下に抑えないとカビが生える原因になるかもしれませんので、安全性を最優先されているため、
10%以下の水分含有量に抑えられています。
歯石の除去や顎の強化のことなどを考えても、このドライフードをあげることが一番良いとされています。

●ソフトドライフード
水分含有量が約25%~40%のフードで、ドライフードと同じく加熱発砲処理されているフードです。
形も固形状になっていますが、水分含有量が多いことと、
水分を製品の中に保持させるために湿潤調製剤を使用しているため、弾力性があります。

●セミモイストフード
水分含有量が約25%~40%のフードです。
ソフトドライフードと水分含有量はほとんど同じなのですが、製法が変わり、押し出し機などで製造されているため、
加熱発砲処理を施されておりません。
こちらのセミモイストフードもソフトドライフードと同じく水分を製品の中に保持させるために湿潤調整剤を使用しています。

●ウェットフード
製品の中の約90%が水分でできているフードです。
缶詰に密封されているタイプやアルミトレーに密封されているタイプ、
レトルトパウチに密封されているタイプなどがあります。
ウェットフードタイプの製品は品質を保持するために殺菌処理をされています。
密封されているので開けなければ品質は長持ちしますが、一度開封してしまうと早めに消費しなければなりません。
また、コスト的にも割高になっています。
他にはEPHやDHAが多く含まれているキャットフードがおすすめです。

このように猫が好んで食べるものでも、湿潤調整剤などを使用していたり、開封してしまったら日持ちをしなかったりと、
それぞれありますので、一番いいのは愛猫が好んで食べるということではないでしょうか。
食事の材料には、有機栽培で作られたものを原料にしているものがいいようです。
こちらhttp://www.wanderers-rest.com/で犬を飼っている人におすすめのオーガニックについて解説しているので、ご覧になってみてください。