猫

危険なキャットフードとは

キャットフードには様々な危険なものが混入されていることがあります。
猫にとって危険なものの中で保存料や、合成着色料、
猫が好んで食べるようにと配合されている香料、そして副産物などです。
4Dミートと呼ばれるものを使用しているドッグフードも少なくないのが現状です。

肉副産物というのは、動物の胃腸・血液・骨・肺・腎臓・脳などのことを呼びます。
この副産物の中には毛や角・蹄などは含まれません。

この肉副産物というのは、
食肉として市場に流通しない(人間が口にしにすることがない)動物の部分ということになります。
人間の食肉として流通させるためにカットミスした肉もこの肉副産物に含まれていますので、
人間の口に入らないものだけではないというのが現実です。

猫は本来肉食不動物ですので、狩りをしていた昔は
この肉副産物と言われている部分は猫が食していた部位なので、
この部位が本当に猫にとってよくない部分なのかどうかは、飼い主さんが考えて決めることだと思います。

そして4Dミートと呼ばれるものですが、
「死んだ=Dead」
「死に掛け=Dying」
「病気の=Diseased」
「怪我をした=Disabled」
というこの4つの単語の頭文字4つを取り、総称されている食品としては不適切な肉のことを呼びます。

死んでいたり死に掛けていたり、病気をしている動物の肉を人間が食べるなんて言うことはあり得るのでしょうか?

決してありえませんよね。
しかし、動物のフードには人間が食べる食物のように規制がありませんので、
このような肉が使用されているということが多々あるというのが現実です。

少しでもご自分でこのようなものは避けたほうがいいと思う添加物などの知識を身に着け、
猫ちゃんが一日でも長生きをして健康にいられるようなキャットフードを選んでいただければと思います。

猫ちゃんが毎日たべるものですから、毎日のスキンシップの中で
飼い主さんが気を付けて健康管理をしてあげることが何よりも大切です。
犬も飼っているなら、愛犬の健康を考えてドッグフードの品質にも気を使ってみてください。