猫

キャットフードの選び方

キャットフードを選ぶときには、値段で選びますか?品質で選びますか?
格安で販売されているキャットフードには有害な物質がたくさん含まれている場合があります。

猫にとってマグネシウムが危険な物質になるのですが、安いキャットフードにはこのマグネシウムが多く含まれている可能性も多く、
また、良質ではない肉を使用している場合も多いのです。

猫の健康管理を考えると、安いキャットフードをあげ続けるのはよくないのは考えればわかることです。
しかし、高価なキャットフードを何年も与え続けることは、コスト的に厳しいという現実問題もあります。

だからといって安いキャットフードは何が混入されているかわからないし、品質がいいものは値段が高いしということを考えると、
コストがある程度のもので、品質もある程度のものであればよろしいのではないかなと思います。

一番大切なことは、猫が好んで食べてくれるかどうかということで、
健康管理については毎日のスキンシップからウンチの状態などを観察して、硬すぎず、柔らかすぎないウンチをしているというのを目で確認する必要があると思います。
ウンチは動物の健康管理をするにあたり一番目で確認できるものだからです。
どうしても猫のウンチの臭いが気になるという方には、おしっこやウンチの臭いを消してくれるキャットフードhttp://fridaynightrunning.com/nioi.htmlもあるので試してみてください。

毎日食べさせるごはんには、「総合栄養食」と表記のあるものを選びましょう。
おやつとして使用するような間食用のものを食事として与えないように気を付けてください。
総合栄養食の表記のあるキャットフードを与えていれば、その他のサプリメントや間食用のおやつなどは与える必要は基本的にはありません。

もし手作り食を与えている場合でも、市販のキャットフードも食べるようになれさせておく必要があります。
もし、世話をしている人間が病気になってしまって入院などをしてしまったり、
旅行に行ってしまうときに、手作り食しか食べない猫では、だれにも預かることが出来なくなってしまいますし、
もし、災害が起きたとき、ドライフードしか手に入らないといったような場合にも、手作り食しか食べたことがない猫には非難することが出来なくなってしまいます。

日ごろからドライフードになれるという習慣をつけさせておくことをお勧めします。
震災などのことを今から考えるとウェットフードを手に入れることも難しくなりますから、ドライフードに慣れさせるようにしておくのが一番いいのかもしれませんね。
ペットは家族ですから、できるだけ長生きしてほしいですよね。
こちらhttp://www.supreme-directory.com/men.htmlで免疫力や抵抗力を高め、病気に強くなるフードが紹介されているので読んでみてください。